産業看護師になるための求人探し3つのポイント

産業看護師の求人は一般公開されない

産業看護師は転職先として人気が高く、採用枠も少ないため、多くの人が簡単にみることができる求人媒体に掲載されると必ず応募が殺到します。

 

そのため、ほとんどの企業が人材紹介サービスの利用者のみが応募可能な「非公開求人」に産業看護師の募集案件を掲載しています。そのため、求人誌やインターネット、ハローワークなどに産業看護師の求人を見つけるのは、ほぼ不可能というのが現状です。

医療機関への転職とは違う企業向けの採用対策が必要になる

慢性的な人手不足状態の医療機関とは違い、企業は人材を厳選して採用します。

 

そのため、応募先の企業の特徴や傾向を踏まえた履歴書作成や面接対策ができていないと、採用される確率がガクンと下がってしまいます。

勤務先をしっかり選ばないと「リストラ」や「ブラック待遇」もありえる

産業看護師は一般社員と同じ位置づけになるので、リストラの対象にもなりえます。また、売上のことだけを考えているようなブラック企業もあるので注意が必要です。

 

応募先を選ぶときは、その企業についてしっかり情報収集をすることが大切です。


 

看護師転職サイトとは看護師の求人収集と転職サポートを専門に行っている人材紹介サービスです。求人誌やハローワークなどの一般求人媒体に比べて看護師の求人数が格段に多く、看護師に特化したサポートが充実しているのが特徴です。
すべてのサービスを無料で利用することができます。

 

産業看護師になるために看護師転職サイトが必須なのは、なぜ?
  • 看護師専門の求人媒体なので、「非公開求人」として産業看護師の求人を独占的に扱っている
  •  

  • 現時点で勤務地などの条件を満たす求人が無くても、求人が入り次第すぐに紹介してもらうことができる
  •  

  • プロのコンサルタントによる企業向けの面接練習や履歴書添削を利用することで採用対策を万全にできる
  •  

  • 通常は求人票に載らない求人先の内部情報(人間関係、実際の職場環境、昇給の傾向など)を提供してもらえる

 

利用する看護師転職サイトの選び方にもポイントがある!

看護師転職サイトは数多くありますが、産業看護師のような希少求人が見つかるのは一部の転職サイトに限られています。

 

↓例えば、このような看護師転職サイトは、産業看護師の求人が少なく、企業向けの採用対策のレベルが低いので、登録先としては向いていません。

 

実績に乏しく、知名度が低い転職サイト
企業との実取引が少ない紹介会社が運営する転職サイト

 

 

マイナビ看護師

☞ 産業看護師の輩出数No.1!

 

【基本情報】

  • 利用者の96%以上が「満足」と解答する評価No.1の転職サイト
  • 求人先でヒアリング調査を行い、離職率の低い職場を厳選

企業看護師の求人紹介に強い理由
マイナビ看護師は、一般職の転職支援サービスの大手「マイナビグループ」が運営しているため、知名度が高く、一般企業と実取引も盛んです。

 

そのため、産業看護師の求人をいち早く入手できるルートが確保されており、企業の求人案件が充実しているのが特徴です。

 

企業に詳しいマイナビの強みである「各企業の最新の傾向を捉えた的確な採用サポート」を受けることができるので、面接や履歴書作成に不安がある方でも安心して転職活動に臨めます。

医療WORKER

☞ 都市部の求人に強い=企業系の案件も充実!

 

【基本情報】

  • 首都圏・東海・関西に注力している看護師転職サイト
  • 楽天リサーチによる支持率ランキングで1位を獲得

企業看護師の求人紹介に強い理由
医療WORKERは、TSグループが運営しています。

 

同社で「薬剤師WORKER」や「介護WORKER」なども運営しており、医療・福祉業界全体に精通した求人紹介が特徴です。

 

特に、多くの企業が集まる都市部での求人収集に積極的なので、産業看護師の求人も見つかりやすくなっています。

 

産業看護師の求人探し予備知識

近年、看護師の転職先として企業の医務室・健康管理室で働く産業看護師の仕事が人気を集めています。

 

転職先の候補として考えている看護師さんは、産業看護師の仕事についてよく知ることで、職場選びのポイントや面接の際の自己アピールのコツが見えてきます。予備知識として押さえておきたいポイントをいくつかピックアップして紹介しているので、参考にしてみて下さい。

 

産業看護師の役割とは?

企業の医務室・健康管理室に勤務し、従業員の健康管理全般に関わる仕事です。企業の保健室といった方がわかりやすいかもしれません。

 

企業専属の産業医のもと、学校の保健室と同じようにケガや病気の応急処置、社員の健康診断の補助を行います。 また、近年は体の健康管理だけではなく、心の健康管理に力を入れている企業が多く、社員の精神面のケアも大事な役割の1つです。

産業看護師と産業保健師、何が違うの?

基本的な役割は同じです。臨床経験を重視し、ケガや病気への迅速な対応を求める企業は看護師、メンタルヘルスケアなどを重視する企業は保健師の募集を出します。どちらにしてもそれぞれの企業で仕事内容や勤務形態が異なるので、実際に働きながら現場で求められるスキル、自分にないスキルを身につけていくことになります。

未経験でも大丈夫?

ほとんどすべての産業看護師が、病院やクリニックなどの勤務経験を経て今の仕事に就いています。これほど専門性の高い分野で未経験者を採用するメリットがあるのだろうかと思うかもしれませんが、企業側にしてみればしっかり教育していくことで、その企業に特化した産業看護師に育てていけるというメリットがあります。

 

産業看護経験者の場合、他の企業のやり方が染み付いてしまっていて、企業としては扱いにくい場合もあるのです。実際の求人を見てみると、即戦力として経験者を募集している場合と未経験者歓迎の求人を出している場合が半々くらいです。

産業看護師が人気の理由は『働きやすさ』と『年収アップ』

産業看護師として採用されるとその企業の一般社員という扱いになります。しかし、看護師という国家資格を持っているため、優遇されるのは確かです。給料に関しても企業ごとの社員年収の相場に準じますが、一般社員より少し高めに設定されていることも多いようです。

 

病院看護師にとっては収入源にもなる夜勤や残業はほとんどありませんが、基本的な給料設定が高く、昇給制度が整っているので、経験年数や資格取得によって病院勤務と比べると飛躍的な年収アップを望めます。また、立ち仕事などが少ないため、体力的にラクですし、基本的に健康な方を対象とした看護業務なので精神的にもゆとりをもって働くことができます。

 

 

 

産業看護師への転職を希望の方は、まず、企業の求人が1番充実している『マイナビ看護師』でいくつかの求人を見比べてみることをおすすめします。

 

人気の求人なので気に入った求人があったら早めの決断が必要になりますが、プロのコンサルタントのアドバイスなどを参考にしながら自分に合った職場かどうかをしっかり見極めていきましょう!