産業看護師の勤務先、「企業内医務室」と「企業内診療所」の違い

近年とても注目されている企業で働く産業看護師。医療機関とは違い、規則的な勤務や暦通りに休日が設定されていることが多く、働きやすさなどから人気もすごく高まってきている分野です。

 

産業看護師が働くのは企業内に設置されている医務室ですね。企業内医務室や企業内診療所、企業内健康管理室などいくつか呼び名がありますが、どれも同じ企業で働く従業員の方々の健康を守るために設置されている場所のことをさしています。呼び名によって仕事内容や看護師の業務内容、機能の仕方に実は大きな違いはないようです。

 

健康管理室というように「管理」の名で呼ばれている場合には、主に従業員の方々の日々の健康管理、メンタルヘルスケアや悩み相談、健康診断の調整や計画・実施、産業医師との連携、健康増進のためのアプローチ、急な怪我やトラブルが発生した時の応急処置や対応などを行います。

 

診療所として‘医療的に機能している”企業内診療所や企業内医務室では、上に書いた管理業務に加え、産業医とチームを組み医療を行います。

 

そのような企業内診療所や企業内医務室では、看護師の役割として、企業内診療所で診察を行う医師の診察介助をしたり、治療や看護技術を提供したり、採血などの処置業務を行ったりというような業務内容があるようです。また、健康管理も合わせて行っていくため、情報の管理業務も行います。

 

イメージとしては、医療的に機能している企業内診療所では、その企業で働く従業員の方々のための小さなクリニック的な存在、医師が常駐していなかったり、応急処置のみの医療行為を行う医務室や管理室では保健室というような感じでしょうか。しかし、どちらも働く従業員の方々の健康を守る大切な機関です。

 

近年では、企業側が診療所や医務室を運営する困難さもあり、採血や治療などの医療的な業務は外部の医療機関と連携して委託する企業が増えてきているのが現場のようで、企業内診療所、企業内医務室、企業内健康管理室と呼び名は違っても、ほとんどが健康管理を主とする場であるようですね。企業内医務室や企業内診療所で働きたいと思い求人を探す際には、その企業の企業内医務室や企業内診療所がどのような機能を持ち、看護師はどのような業務を行うのかをしっかりと確認することも大切です。